TOP > 口腔外科

口腔外科

口腔外科のイメージ
早目のチェックが大切 放っておくと怖い、親知らずと顎関節症

口や顎の痛みは、何もむし歯に限ったことではありません。
親知らずや顎(がく)関節症は、重度になればなるほど治療が大がかりになることがありますので、自覚症状がないうちに診断を受けておくことをお勧めします。

親知らずの治療

親知らずの治療のイメージ

親知らずとは、奥歯のうち一番奥にある歯のことで、一般的には20歳前後で生えてくる永久歯です。
左右上下合わせて4本ありますが、個人差があり、すべて生えそろうケースは3割程度といわれています。

柔らかい食べ物が多くなってきたことにより、現代人の顎は細くなってきました。そこで問題となるのが、親知らずが生える十分なスペースが確保されていないことです。抜いた方がいい症例としては、以下のケースが該当します。

虫歯になった場合

親知らずはブラッシングなどが届きにくい位置にありますので、むし歯の発生率が高い傾向にあります。また、一度治療を行っても、再発するケースが少なくありません。そのため、親知らずが虫歯になったら、抜歯をするという選択も考えられます。

生え方が悪い場合

親知らずが斜めに生えてしまうと、手前の健康な歯を圧迫し、痛みの原因となることもあります。親知らずの歯自体は、生えてくる前からレントゲンなどで確認することが可能であり、ある程度将来の予測を立てることができます。

ほかの部分の入れ歯として再利用する

奥歯が抜けてしまった場合など、親知らずを移植して欠損を補う方法もあります。
詳しくは、ご相談ください。

抜歯しなくていい親知らずってあるの?

完全に生えそろった場合や、早期の段階で問題がないと診断されれば、親知らずを無理に抜歯する必要はありません。痛みやトラブルが起こる前に検査を受け、将来のリスクを想定しておくことが大切です。

顎関節症の治療

顎関節症の治療のイメージ
顎関節症によるよくある症状について

顎の関節周辺にある何らかの異常により、「口の開閉時に音がする」「顎が痛い」「口が開けづらい」といった症状が見られることがあります。
その原因は、大きく4つに分けられます。

筋肉の障害

筋肉がこわばることで血行障害が起こり、トラブルが生じるケースです。
首や頭部などにも痛みを感じる場合があります。

関節や靭帯の障害

顎関節などに過度の力が加わると、捻挫のような炎症を起こす可能性があります。

関節円板の障害

上下にある顎の骨の間で、相互に連携し、クッションのような働きをしているのが「関節円板」です。この組織がなめらかに動かないと、顎にかかる力が分散されにくくなってしまいます。

変形性関節症

顎関節の動きを制限するような変形が生じたり、新しい骨が形成されたりするケースです。
口を開け閉めすると、硬い物をすりつぶしたような音のする場合があります。

治療法について

原因を解消すると同時に、痛みなどをやわらげる治療を併用して行います。

顎関節症は、普段からのセルフケアも大切です。歯を食いしばらないようにする、マッサージを心がける、うつ伏せの状態で寝ない、顎のエクササイズを行うなど、医師と相談の上で取り入れてみてください。