TOP > 審美歯科

審美治療について

審美治療についてのイメージ
笑顔に自信を持ってほしいから 白い歯なら、毎日のモチベーションも違います。

歯の黄ばみや銀歯の露出に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。歯を見せることへの抵抗感や、人との会話を避けたい気持ちがあるなら、当院が解決いたします。一部保険外診療となりますが、費用はそれほどかかりません。

歯が美しく見えることのメリットについて

人と接するときに、意外と注目されやすいのが、口元や歯。白い歯のメリットは、自分に自信を持ち、気分的にも明るく過ごせることではないでしょうか。また、結婚式や記念撮影といった行事に合わせた審美治療も承っています。

審美治療メニュー

銀歯が気になる方へ

銀歯が気になる方へのイメージ
1 保険の場合の治療法について
保険の場合の治療法についてのイメージ

当院では、「コンポジットレジン充填」という、一種のプラスチック素材を使用した治療が可能です。光を当てて固めるため、「光レジン」ともいわれています。
最大の特徴は、歯と同じような色をしているため、見た目に目立たないことです。その反面、多少ざらつき感があり、虫歯菌が繁殖しやすい部分が否めません。

欠損部分を補う治療には保険が適用されますが、審美的要素が強いと、適用外となる場合もあります。
                    保険で行う治療の症例はこちら>>>

2 自費の場合の治療法について

ほか、非金属の素材としては、セラミックなどが代表的です。また、レジンにセラミックを混合したハイブリッドタイプのご用意も可能です。金属アレルギーの方でも安心してご利用いただけますし、金属と比べるとソフトな素材ですので、対向する歯を痛める心配もありません。


自費か保険適用かはケースバイケースになりますので、それぞれのメリット・デメリットとともに、丁寧なご説明を心がけます。お気軽にご相談ください。

3 被せ物や詰め物を正確に装着させるために

当院では、かみ合わせに留意しながら、患者様に最適な技工物を仕上げています。食べ物をかむ瞬間には、上下方向に限らず横方向にも力が入ります。したがって、対向する歯、左右に並ぶ歯それぞれの形状に留意する必要があるのです。

また、フィットした状態を長く保つためには、歯周病にならないための注意も必要です。そのためにも、検診を定期的に受けてくださるよう、強くお勧めします。

BeforeとAfter

Before
After

  

Before
After

 

Before
After

 

歯の色が気になる方へ

歯の色が気になる方へのイメージ
1 当院で使用する歯面清掃器(クイックジェット)について
当院で使用する歯面清掃器(クイックジェット)についてのイメージ

超微細な炭酸水素ナトリウムのパウダーを水に混ぜ、圧搾空気を利用して歯に吹き付けることで、細部の汚れやタバコのヤニ、茶渋、歯石、などの汚れを強力に除去します。
非常に短時間で済み、痛みはほとんどありません。先天的な黄ばみなどにも効果が望めますが、歯が持つ本来の白さを取り戻すものであり、漂白治療とは異なります。

見た目もそうですが、美しく健康的な歯を保つためにも、定期的な歯のクリーン・アップをお勧めします。

クリーニングの例

歯の表面に先天的に着色している場合などでも美しく蘇らせることができます。

上顎(内側)の治療例 ※写真をクリックすると拡大写真をご覧頂けます
治療前
治療後
正面(前面の)治療例
治療前
治療後

(治療期間)
治療期間・・・2回の施術で1週間~10日

歯を白くしたい方へ

歯を白くしたい方へのイメージ
ホームホワイトニングについて

最近では、自宅でも安全にホワイトニングできる薬剤が開発されています。
好きなときに時間をかけて取り組んでいただきたいため、当院では、ホームホワイトニングを推奨しています。

流 れ
  1. 歯肉が健康な状態であるか診察し、必要に応じて詰め物の交換や、むし歯の治療を行います。
  2. 歯型を取り、患者様専用のマウスピースを作ります。
  3. 自宅でマウスピースに専用ホワイトニングジェルを注入し、そのままの状態で数時間、歯の表面を漂白します。これを、数日間繰り返せば、ホワイトニングの完成です。

歯並びが気になる方へ

左右どちらかに偏って食べ物をかんでいたり、ほおづえなどが癖になっていたりすると、歯並びやかみ合わせが悪くなることがあります。ほか、先天的な要因や、永久歯の生え替わり時に本来の場所へ生えてこなかったなど、原因はさまざまです。
これをそのまま放置しておくと、顔や体のバランスが崩れる可能性があります。また、正しい歯並びは、外見の美しさだけでなく、笑顔や積極性といった内面の美しさにも関係してきます。
こうした不正咬合を治すことを矯正治療と呼びます。

一般的に矯正治療は、子どものときから開始した方が効果的とされていますが、実は個人によって大きく異なります。年齢に上限はなく、ご高齢の方でも矯正治療を受けることが可能です。