TOP > 歯周病治療

歯周病治療について

歯周病治療についてのイメージ
歯周病は、むし歯と並ぶ二大リスク 自覚症状の少ない、誰にでも訪れる病気

歯周病は現在、日本人の5人に4人以上がかかっているといわれ、歯を支える土台が溶けて歯がグラグラしてくる病気です。一種の老化現象ともいえますが、体の免疫力より歯周病菌の増殖が勝ると発症しますので、年齢を問わず注意が必要です。

ひょっとしたら、歯周病かもしれません

ひょっとしたら、歯周病かもしれませんのイメージ

歯周病は、痛みなどの自覚症状がないため、歯がぐらつき始めたと感じたときには、症状がかなり進行しています。また、歯と歯茎全体に関わる病気であることから治療が難しく、早期発見と予防が何よりも大切になってきます。

一般的には「40代以降の病気」というイメージがありますが、細菌による感染が原因ですので、若い方にも発症リスクは存在します。また、出産やほかの病気などで一時的に免疫力が低下した場合にも、注意が必要です。

「自分は関係ない」と勝手に思い込まず、まずは検査を受け、発症が認められないことを確認してから、安心した生活を送ってください。

歯周病の症状について
  • ブラッシング時に出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食物が挟まるようになった
  • 歯茎がむずがゆくなる
  • 歯肉が赤く腫れている

このような症状に心当たりがある方は、すぐにでも、当院で検査をしてみてください。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法のイメージ

まずは、歯肉の中まで入っている歯石を取り除き、炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します。次に、歯周病によって損傷した組織の自然治癒力を高め、健康に近い状態に近づけます。

歯石などが再度付着し、歯周病菌の温床とならないよう、定期的なメンテナンスを続けます。その他必要に応じて、不適合な入れ歯やブリッジなどを再度作り直します。

歯周病と生活習慣について

歯周病と生活習慣についてのイメージ

歯周病は、喫煙の習慣と深い関係があることが、近年の研究で明らかになってきました。体全体の健康といった観点からも、禁煙をお勧めします。

ほか、生活習慣病による血行障害も原因のひとつに挙げられます。ライフスタイルや食生活などを伺って、改善のためのご提案をしていきます。

歯周病を進行させるような要因
  • タバコ
  • 女性の思春期、妊娠、更年期
  • 糖尿病
  • ストレス(睡眠不足)
  • 口呼吸
  • 歯列不正
  • 食生活(生活習慣)
  • 不適合な被せ物など

歯周病は、患者様の協力があってこそ早期の完治につながります。ともに、健康な口内環境をつくっていきましょう。